1: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:09:30.55 ID:FZ9O6y9B0.net

織田信長について、ちょっと独りよがりな持論を展開していくから、
暇な人かまってw(ただし書き溜め無し)

信長って言えば第六天魔王の異名がひとり歩きして、
魔王っていうゲームのラスボスみたいなイメージだけで
悪だとか残忍みたいに言われていますが、

じゃぁ第六天魔王って何?って部分に答えられる人って
どれだけ居るんだろうか。

仏教の天界には6つの世界があって、その中の一番下の「欲天」という世界があって、
そのからまた6つに世界が分かれていて、
その欲天の中の6つの世界の最高位の世界に他化自在天という神が居て
それが第六天魔王で、平たく言うと欲望の神様とされています。


no title





5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:11:17.26 ID:jmgEuekM0.net

であるか


9: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:14:58.60 ID:FZ9O6y9B0.net

仏教は欲望を捨て解脱して仏になるのが一番正しいと教えていますので、
それを俗欲によって妨害する他化自在天王は神であると同時に
悪魔でもあるのですが、 

為政者とは表裏を見抜き使い分け、幸も不幸も一元であると民衆を教化し
統治するもの という信長の非常に現実主義的な政治姿勢が現れています。

そこから見えてくるのは、残虐性などではなく人間本来の二面性理解した上で
為政者として臨む意志を宣言したのが、
第六天魔王を信長が自ら標榜した理由であったと思う。

まずは残忍だとかヒステリーだと言われている先入観の根拠の薄さから
話していきたいと思う。

よく言われるのが比叡山焼き討ちだけどさ、
日本人はもっと感謝すべきなんだよねあれは


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:16:49.95 ID:jmgEuekM0.net

気合で城を潰したりしたの?


16: 魑魅毛利 ◆cXw0anlolU 2014/11/14(金) 22:18:57.04 ID:NDWBh5yL0.net

もし天下統一してたら欧米の植民地
になってたけどどうなんそれ
単に仏教嫌いだからってキリスト教に手を出すような奴は
そこまでの高い評価に値するとは思えんがね


20: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:22:03.78 ID:FZ9O6y9B0.net

>>16
仏教を嫌っていたわけではなく、
宗教勢力が俗世権力をもつことを嫌っていたんですね。

なので、信長自信は法華経を厚く保護したししています。


13: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:17:00.78 ID:FZ9O6y9B0.net

比叡山焼き討ちについてはさ、今の日本が海外とは違って
明治維新という革命を世界レベルで言うと平和裏に成し遂げて、
欧米文化をアジアでいち早く受け入れることが出来たのは、
織田信長のこの比叡山焼き討ちがあったからこそで、 

その後のキリシタン追放令等も宗教勢力が政治勢力となる危険性に
秀吉が気づいていたからで、
それは信長の果敢な極めて中世的ではあるものの
政教分離政策を推し進めたことに起因する。

当時の寺社勢力を端的に語るのは非常に難しく語弊があるが、
当時の日本は、 

貴族勢力
戦国大名
寺社勢力 

という3つの勢力があり、貴族勢力は権力はないが権威があった、
戦国大名は権威は無いが権力があった、
そして寺社勢力は権威と権力の両方を持った
日本で最も独裁的で独立した勢力でした。


15: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:18:29.62 ID:FZ9O6y9B0.net

例えば、例の比叡山延暦寺は確認出来るだけでも寺領5万石を超えている。 

更にお布施や、京都での商売の利権、更には末寺からの上納金等、
とにかくお金が溢れかえる集金システムがあった。

5万石と聞くと、信長が比叡山を焼き討ちした時の直轄領だけでも
180万石は下らないので大した勢力じゃないかというと大間違いで、 

大名の実入りは戦国期の重税時代を考慮しても6公4民で、
信長は108万石の実入りで更にここから家臣への給料や武具の調達、
儀式やなんやと出費があって戦争で死んだ民の家族への保証などもあるから、
大名が自由に使えるお金は総石高の10%前後と言われています。


17: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:19:53.32 ID:FZ9O6y9B0.net

それでも信長は18万石相当のお金を適宜自由に支出
出来るだけの経済力がありました。

逆に比叡山は寺領5万石でも、その税収はお布施なども考えると
米だけのお布施ではないので100%以上の収益があったと言われていますので、
少なく見積もっても実入りで5万石。

更に大名だと出費になる儀礼・儀式でなんと儲けが出ます、
それも莫大に。

オマケに、祈祷とかいう魔法の錬金術で貴族からがっぽり稼いだ挙句、
僧は家臣と同じような立場でありながら俸禄を出すのではなく、
利権を切り渡す形で勝手に稼がせる。

それだけじゃない、勝手に稼いでいいよって利権を切り渡しておいて、
上納金を取るwww

悪魔の錬金術で、比叡山は当時100万石の領主と言われる所以です。


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:21:54.35 ID:KQR9AkTpd.net

ひええええ


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:21:59.15 ID:lAzStUmu0.net

まぁー当時の坊主も生ぐさで、
寺は半分治外法権みたいなもんだしなー


22: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:24:02.99 ID:FZ9O6y9B0.net

石高で言ってもピンと来ないのですが、

ざっくりですが米一石は150kgですから、
1kgの米の値段を500円とすれば一石で7万5千円となります。

単純に一万倍すれば7億5千万円ということになりますので
100万石取りの領主と言われた比叡山の財力の凄さが分かりますw


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:25:44.13 ID:OuqaFI/F0.net

比叡山焼き討ち…女子供も皆殺し…



なんで女がいるんだよwwwwwwww


25: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:27:13.77 ID:FZ9O6y9B0.net

権力=カネという端的な指標で言いますと
年間で750億円を自由に使える合法ヤクザが比叡山延暦寺です。

そして、権威についてですが

大名家は、切取り勝手に領地を増やしますから能力次第でガンガン
収益を上げることが出来ますが、誰もがぶつかるのが権威なんですね。

昔は源平藤橘などと血筋が権威を象徴していましたが、
戦国大名に至っては、捏造がひどすぎて信長なんかは、
藤原と平家を語っています。


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:27:47.99 ID:jmgEuekM0.net

是非に及ばず


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:27:56.47 ID:EjU6yrhsd.net

そもそも最近比叡山焼き討ちはあんまり批判的に議論されてないよね


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:30:20.81 ID:lAzStUmu0.net

>>28
そういやそうだね


32: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:29:58.06 ID:FZ9O6y9B0.net

確かに比叡山焼き討ちに関しては、昨今はあまり一辺倒な批判は少ないですね。


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:29:16.77 ID:aHMeusRQ0.net

比叡山って当時寺社に攻撃はタブーだったのをいいことに
朝倉家を匿って織田家潰そうとしてたり悪どいんだよな


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:32:06.29 ID:Zb7WOhRa0.net

坊主が酒池肉林か…


37: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 22:32:37.41 ID:FZ9O6y9B0.net

今の日本も同じですが、戦国時代も出る杭は打たれる時代でした。

どこかが勢力を強めると、昨日まで喧嘩してた隣国がおててつないで フルボッコ、
調子に乗った大名は殺されて領地を切り取る。

そしてまた誰か頭ひとつ抜けると、仲良くフルボッコ。

そんな繰り返しの中で、なんで天皇家を始めとする貴族勢力
が生き残れたのかですが、
ここが世界で日本だけが成し得た国体で権威と権力の完全分離です。


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:35:31.75 ID:jmgEuekM0.net

戦術家というより、政治家として一流って事なんかね


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 22:37:48.81 ID:EjU6yrhsd.net

まあ誰よりも上手く天下統一に進んだだけで凄いよ
戦国時代中期は信長あってのもの


81: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:14:35.33 ID:FZ9O6y9B0.net

信長マンセーな独り言のつもりが、自分でも何が言いたかったのか
わからなくなってしまいましたw

信長についてあまりに極端な本やテレビドラマが多いので
ちょっと実際は違うんだよねー的な話をもう少し続けていきますので
死ぬほど暇な方はお付き合いくださいw


83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 23:15:17.88 ID:nXug4ztWp.net

no title


97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 23:47:03.73 ID:fmNxBrbu0.net

信長は桶狭間の戦いの前に熱田神宮に参拝したり、
家来の前で銭を投げて「表が出たら俺達が勝つ」と占ってみせたり、
結構バクチのつもりで挑んでた
ちなみに銭は表が出たんだが、これは信長が予め二枚の銭の裏同士
を接着して表だけ出るように細工したものだ


101: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:54:12.97 ID:FZ9O6y9B0.net

>>97
当時は、世界一科学に対して先進的だったヨーロッパでも
占星術が医学の1つと考えられていた時代です、
今ほど科学が発展していないと
ほとんどの自然現象は、全部運や神仏の思し召し以外
に理由を考えられないわけです。

そうなると占いをして勝ち戦を神託として部下に見せて士気を高めることは
極めて一般的で尚且つ当時としては合理的でしたので、
熱田の件が博打の奇襲には繋がりにくいかなと思います。


94: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:33:16.96 ID:FZ9O6y9B0.net

では、比叡山焼き討ちがについてで権威と権力という
この国の統治構造を激変させた信長の功績についてもう少し書いていきます。


95: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:38:16.78 ID:FZ9O6y9B0.net

日本は、天皇を始めとする貴族勢力が権威を持っていましたが、
実際に権力=統治する力は持っていませんでした。

これが中国とか他の国なら速攻で易姓革命(王朝交代)をしています。

しかし、日本でコレが起きなかったのは天皇家が余りにも権力を潔く
手放したからです、

要するに院政が崩壊してから一切の軍事力を持たず
その伝統文化の象徴として存在したからなんですね。

簡単に言いますと、日本全国を敵に回してまで
天皇家にとって代わりたいとおもうバカが居なかったわけです、

それなら天皇の権威を借りて、
日本の統治を天皇に委任される形で権力を振るった方がいい、、、
となるわけです。


107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/15(土) 00:10:56.84 ID:nY6ndPOV0.net

>>95
春秋戦国の周とかアッバース朝以後のカリフとか近代の教皇とか似たような例は結構あるな
生き残ってるのは教皇ぐらいだけど


110: されど書き溜めは無し 2014/11/15(土) 00:16:02.41 ID:vfKZMCq40.net

>>107
そうなんです、世界でも時の俗世権力や権威は、
宗教勢力との付き合い方に非常に苦労しています、

敵対して殲滅を目論んだり、今例に出してくださったように
宗教権威と同化して、教義を国是の一部として統治をするなど
どこも本当に苦労しているんですね。

でも、結局は今も、ある程度の人口規模で政教分路がここまで確立されてるのは
日本が唯一だと思います。

一部の宗教が政治に絡んだり、絡もうとしたり若干世紀末感はありますが、
話がそれるのでここまでにします。


96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 23:41:52.56 ID:u8Z6q9eeK.net

信長は本気で第六天魔王に自分をなぞらえてた訳じゃないよ 

信玄からの比叡山焼き討ち許すまじって手紙に
「天台座主沙門」と署名があったから 

「プッ、おまえが天台座主なら
 俺なんか第六天魔王だしwww」

って返事したっていう尾張ジョークだよ


99: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:49:45.42 ID:FZ9O6y9B0.net

>>96
そうでしょうねwさすがに本気で言ってたかは疑わしいですw

でもそのジョークに第六天魔王を選んだのが信長からのメッセージだと思います。


98: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:48:18.92 ID:FZ9O6y9B0.net

そして、天皇はその任命権を持つことで権威を維持する。

また調停者として軍事力を持たないほうが相手を刺激しないという事もあって
朝廷という機能は島国日本にとって生まれるべくして生まれた機能
といえるかもしれません。

逆説的に言うと、権力者はどんなに力があっても朝廷をないがしろにすると
いわゆる朝敵とされて、不当な簒奪者の烙印を押されます。

そんなのいいじゃん!って思うかもしれませんが、
少しでも頭ひとつ 抜きんでたライバルを誰もが疎ましく思って入るものの、
周辺との緊張関係もあって、一丸となって強大なライバルに対抗できずにいる
国人領主はたくさんいるわけです。

そこに、天皇から簒奪者の烙印を押されると、
昨日まで戦っていた隣国との戦いを、
簒奪者を始末して天皇を守るという大義名分の元に団結することが
出来るんですね。

ライバル同士の口約束は簡単に反故にできても
天皇との約束で連合した仲間をだまし討したら確実にフルボッコにされますので、
戦国時代において朝敵の汚名だけはどうしても避けたかったのです。

そんな背景なので、権力を全く持っていないからこそ、権力者を従えれる
今の日本でも、憲法九条をまもれとかいう人たちの殆どは、
なにかしら利害関係があって護憲だなんだと言っていますが、
一部の人は本気で軍隊を持たないことが最大の抑止力になると思っているのは、
そんな日本の歴史に起因しているのだと思います。

話がそれたので戻します。


100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 23:51:06.51 ID:ec7MLnGW0.net

天皇家はやり手だな


102: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:56:55.19 ID:FZ9O6y9B0.net

>>100
公家社会という、世界でも稀な閉鎖環境で権力闘争を繰り返し
海外ならもっと発展できる環境へ飛び出していくのに、

頑なに貴族社会に固執して、
その中で政治ゲームを繰り返してきた筋金入りの政治家が日本の公家です。

その公家の最たるものが天皇家ですので、
力に頼って切り従える戦国大名とは政治力の深みが違いますよね。


103: されど書き溜めは無し 2014/11/14(金) 23:58:10.41 ID:FZ9O6y9B0.net

戦国大名もある意味、相互補完関係で
貴族勢力とは仲良く出来たという背景はお話しましたが、
そこに第三勢力の寺社勢力が現れるわけです。


105: されど書き溜めは無し 2014/11/15(土) 00:04:46.38 ID:vfKZMCq40.net

そこは宗教的権威という、あの世の権力をもった俗世権威で、どう戦っても
あの世の権力なんて奪うことが出来ない永遠のブルーオーシャンなのです。

先程もちょっと書きましたが、現在の比科学的な占いや神託、
祈りや先祖の祟などが真剣に信じられて来た時代に、
この世の苦しみをあの世での極楽に転化することを約束してくれるわけです。

どれだけ頑張っても、ほとんどの農民は農民で一生終わる。

頑張って戦国大名に年貢を払ったって、当然としか思われない。

でも、寺社に払ったら死んだ後の栄達を保証してくれるわけです。

そりゃ、あの世とか宗教とかが最新科学に等しかった時代ですし
どうせ支払うなら、戦国大名より寺社ですし、
どうせ敬うなら天皇よりもあの世の神になるわけです。

オマケに、寺社にて期待して死んだら地獄に堕ちて、寺社と
共に戦って死んだら、自分はもちろん妻子まで天国に行けると
なれば、そりゃ同じ死ぬ確率だったら寺社側につくわけです。


108: されど書き溜めは無し 2014/11/15(土) 00:11:28.14 ID:vfKZMCq40.net

そんな背景で、あの世の権力という俗世権威が、いつしか俗世の権力に代わり、
その権力が富を呼び、比叡山が今でいうところの、
手取り750億円を毎年好き放題使える勢力になっているわけです。

一般的な大名は、農民から徴兵して戦死者が出ると
ちゃんと遺族に手当を支払います。

それは戦争では大きな負担となるので、
戦争といってもある意味紳士的で極力双方に死傷者が出ないように
暗黙のルールがあって、極論すると戦争ごっこのような状態でしたが

寺社勢力の農民兵は、死こそ最大の功徳と言わんばかりに、
それこそ死ぬ気で戦いに望み、戦国大名同士では無理に戦わない場面でも、
容赦なく攻めてきます。

オマケに死を恐れない。

無限にゾンビ兵を召喚できるお金持ちなわけです。

これは、正直天皇も時の武家権力者も手を焼いたわけです。


112: されど書き溜めは無し 2014/11/15(土) 00:24:08.27 ID:vfKZMCq40.net

戦国時代の、寺社勢力(宗教勢力)がいかにチートな存在だったかを
イメージして欲しかったので変な表現になってましたw

兎にも角にも、強大な勢力だったんですね寺社勢力は。

そして、権力構造が固まると 

宗教にはメスが入れにくくなって、統治者は宗教と同化するか
大幅な治外法権を認めてお互いに不可侵の関係を構築するか

の2択になるわけです。

しかし、信長は四方八方に敵勢力が跋扈するなかで、
その危険性を見抜いて天下統一まではまだまだな状態で日本で
1~2を争う勢力という段階で宗教の政治力(俗世への影響力)を排除したんですね。

さらに、宗教嫌いとかそういう狭量な視野ではない証拠として、
のちの本願寺との戦争が集結した後に本願寺の布教活動を禁止したり、
弾圧することは一切していません。

寺社は寺社の本分を全うするにあたっては、信長はむしろ保護しているくらいです。

先程からキリスト教の話が出ていましたが、
特にキリスト教を保護していたのかというとそうではありません、

キリスト教宣教師が調子に乗って、
俗世権力者の政治力に影響を及ぼそうとしたら、
信長は自らを神として拝めと言ってのけます。

それは唯一神を説くキリスト教の全否定です。

だからといって、キリスト教徒を弾圧したかというとしていません。

調子に乗り過ぎたら、ゆるさないぞという政治的パフォーマンス止まりです。


111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/15(土) 00:19:02.89 ID:nY6ndPOV0.net

寺社勢力で死を恐れないのって死んだら極楽にいけるって信じてる一向宗くらいかと思ってた
叡山の生臭坊主たちちゃんと戦ってたんだな


113: されど書き溜めは無し 2014/11/15(土) 00:31:28.67 ID:vfKZMCq40.net

>>111
僧兵はえてして、チンピラですので戦闘にはめっぽう弱いです。

比叡山は末寺が死ぬほどあり、そこに帰依している農民の方が危ないです、
死ねば極楽浄土の一向宗は極端ですが、

どこの寺社も寺領の民や信者を煽り立てて、一揆を起こすときなどは、
死後の栄達を空手形を渡して煽っています。

宗教とは、潜在的にそういったゾンビ兵を量産できる脅威であることが
信長に徹底的な粛清をさせることにつながったんだと思います。

因みに後に比叡山の復興も信長は一切邪魔していません。

比叡山の焼き討ちは、もう一段低い神のご加護やご威光の化けの皮を
剥がす意味が強いです、
例えば雷が落ちた時に、隣の寺に落ちず、
すぐ横の民家に落ちたりすると神のご威光で雷も避けたとなるわけです。

それが、精神的な支柱となって比叡山は、神域であるから神に守られている
そこを侵すものは神罰が下ると信じていたら、あっけなく全滅して炎上。

多少なりとも、民衆もあれ?と思うわけです。

比叡山の焼き討ちはそういう政治パフォーマンスの1つですね。


116: されど書き溜めは無し 2014/11/15(土) 00:40:02.61 ID:vfKZMCq40.net

冗長になってしまったので、最後にしますw

信長が残忍だとか、キレやすい元祖ゆとりとか言われますが
その残忍さの引き合いにだされる比叡山の焼き討ち。

端的に時代背景や歴史の連続性を無視してその行為だけみれば
寺に放火して、老若男女3000人なで斬りにした残虐行為になるのですが
その焼き討ちの3000人の犠牲でその後何人が無駄な宗教戦争
(敢えてこの言葉使います) に巻き込まれずに済んだことか。

またその後の本願寺との抗争を経て、日本が得た政教分離の文化は
その後どれだけ日本の経済発展に寄与したことか、
結果から歴史を見ることはあってはならないことですが、
信長が残虐行為だと言われる行動に意味のない行動は1つもありません。

願わくば、物語としてだけではなく歴史としてしっかり咀嚼して、
先人の偉人の功績を正しく評価してこそ、
今の政治家に対しても正しい評価が下せると思います。

飛躍しましたが、是非信長の行動の意味を考えながら
もう一度信長という人物を皆さんが再評価していただけたらと思います。

と、締りが悪いですが最後までありがとうございました


121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/15(土) 00:48:14.78 ID:nY6ndPOV0.net

信長は比叡山焼き討ちや本願寺攻めで宗教勢力を
政治から排除した政教分離を目指した
っていう見方はちょっと現代視点すぎやしないか? 

当時の信長が今日的な政教分離の概念もっていたのかはわからない
対立勢力を弱体化させた程度の意識だったんじゃないか?


123: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/15(土) 01:01:03.99 ID:5go9zvFE0.net

>>121
思ってないことが偶然そうなったってことよくあるじゃん?


70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/14(金) 23:07:16.64 ID:zKVggB5B0.net

政教分離は近代化に不可欠だよな
それをできた信長はすごいと思う






http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1415970570/
TWT-JAPAN 戦国 和紙 ファイル 織田信長

売り上げランキング: 441,619


ワラノート過去記事一覧はこちら
記事を見て気に入っていただけたら フォローよろしくお願いします